1).図書館ナノお薦め理由

現在数多くの図書館システムがある中でわたしたちがこの「ナノ」(図書装備ナノ・図書館ナノ)をお薦めする理由は以下のとおりです。

初期導入費用が安い

このソフトはWINDOWS98,2000からXP,VISTA,7(セブン)までのコンピュータの機種に対応しますので使用するハードは中古パソコンでも充分です。ソフトには図書データ(160万件)が含まれています。

蔵書登録が簡単

図書装備ナノ(160万件の書誌情報抽出ソフト)で該当する図書データをバーコードリーダーで瞬時に読み取り、登録できます。

パソコン増設による追加負担はありません。

ソフトによってはパソコン増設のたびに追加費用(数万円以上)がかかりますが「ナノ」では追加費用は一切発生しません。(学校で簡単に設置可能です)
次年度以降のコスト(ランニングコスト)ほとんどかかりません。
新刊データCD(数万円)を購入する必要がなくバーコードシール、背ラベル等のわずかな費用(実費)のみでシステム維持をしていく事ができます。(書店対応の場合)

ソフトウエアのバージョンアップのための料金はかかりません。

ソフトがフロッピーディスク(FD)一枚程度とコンパクトなため、半年から一年に一度バージョンアップされる最新ソフトをインターネット(または書店経由)で取得できます。(料金はかかりません)

万全のサポート(導入時・運用時)

導入時だけでなくシステムを運用していく中で発生する色々な疑問に書店(書店組合・メーカー)がきめ細かく対応いたします。それらのメンテナンスに関しては実費以外の料金はかかりません。

現在、文部科学省は図書館・近隣の学校の相互貸借による図書有効利用をめざして「図書資源共有化」を推進しています。そのためにコンピュータによる蔵書の管理は有効な手段であるため現在図書館コンピュータシステムの導入が多くの学校で検討され、また急速に普及し始めています。システムを数多くの会社が提供していますが、「ナノ」以外のシステムでは導入後、毎年数万円からのランニングコストを必要とします。またその多くがシステムを販売するのみで、運用していく中で発生する疑問・トラブルに対して身近に対応する手段を持ちません。

私たちのお薦めする図書館システム「ナノ」は日書連が開発したマークデータ(後述)を使用することにより書店とともにこれらの問題を解決します。その導入からメンテナンスにいたるまで身近な書店が全面的に学校図書館をサポートできる従来にない画期的なシステムです。導入したたくさんの学校からナノを採用してよかったとの評価をいただいています。
Comments